天然ビタミンCと合成(人工)ビタミンCのちがい


美容にかかせないビタミンC。
多くの女性がサプリや食事の際、
ビタミンC摂取に気をくばっていると思います。

では、ビタミンCには天然のものと
合成(人工)のものがあることをご存知でしたか?
天然と合成(人工)のものは同じみ見えますが、
実は原材料からすでにちがっているんです。

天然ビタミンCは自然植物から抽出されたもので、
主にアセロラやローズヒップなどのビタミンCが使用されます。

天然のビタミンCは熱や水に弱いもので、時間が経つと劣化してしまいます。

高含有であるビタミンCを維持したまま
製品化すつことはとても難しいことなのです。

その点、合成(人工)のものは、
じゃがいやとうもろこし等の素材を化学合成してビタミンCをつくります。

合成(人工)ビタミンCは低コストで大量生産できるものなのです。
では、商品のビタミンCが天然ビタミンCなのか、
合成(人工)ビタミンCなのかを見分けるポイントは
原材料名の表示を見るとわかります。

天然サプリという表示があっても、
原材料の表示にビタミンCとだけ記入のあるものは、
おそらく合成(人工)ビタミンCでしょうね。

天然ビタミンCの場合は、原材料表示のところにビタミンCを
何の果実から抽出したかの表示があると思います。

合成(人工)ビタミンCは天然ビタミンCと比べて分解、
吸収がされにくいとされています。

天然ビタミンCは吸収にはたらきかける酵素やフロボノイド、
アントシアニンなどが含まれているものなので、
身体になじみやすく、吸収率がいいとされています。

そういったちがいから、天然ビタミンCが注目をあつめているのです。